読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次の国連事務総長④

今回、東ヨーロッパ人や女性が事務総長に有力視されていたのに、当選したのはポルトガル人男性でした。

 

出馬した候補は11人で、その中には東ヨーロッパ人も、女性も多かったです。

 

東欧からは、

モルドバ🇲🇩

マケドニア🇲🇰

モンテネグロ🇲🇪

クロアチア🇭🇷

セルビア🇷🇸

スロバキア🇸🇰

のそれぞれの現職外務大臣や、

スロベニア🇸🇮の元首相なんかが出てました。

 

とりわけ有力視されていたのは、二人のブルガリア人🇧🇬女性♀です。

 

一人は今のユネスコ事務局長(トップ)のブルガリア人女性、⑧イリナ・ボコヴァ氏🇧🇬。

 

もう一人は世界銀行に勤めたあとEU🇪🇺の大臣とかやってたブルガリア人女性、クリスタレナ・ゲオルギーヴァ氏(発音わからん)

 

ゲオルギーヴァ?さんは出るんちゃうか〜と言われてましたが結局出ませんでした。

 

その他に⑨アルゼンチン🇦🇷の外務大臣と、

ダークホースっぽい感じのあった⑩ニュージーランド🇳🇿の元首相ヘレンクラークと、

当選した(11)ポルトガル🇵🇹の元首相のアントニオ・グテレスが出馬しました。

 

不利な状況のなか、どうしてグテレスが選ばれたのか。

 

今回事務総長選挙の透明化が進み、初めて各候補の演説の公聴会が開かれました。

その結果、東欧出身じゃなくても、女性じゃなくてもいい!瀕死の国連を再生させてくれるのは、グテレスさんしかおらへん!優勝!

みたいな感じでかなりのコンセンサスの下選ばれたみたいです。

 

瀕死の国連再生を託されたアントニオ・グテレスとはどんな人物なのでしょうか。