官庁訪問の顛末

最後の最後に落とされました。

 

もともと志望していたいわゆる某五大官庁A省(一日目に訪問)から、

官庁訪問中に別の某五大官庁B省(二日目に訪問)に志望を変えました。

 

B省では非常に評価されました。

知らなかったのですが、B省は説明会の参加や1日目に訪問することなど、非公式な評価要素を非常に重視するところのようです。知らずにB省を第1・2クールの二日目に訪問した僕ですが、すいすいと進み、第3クールにのこりました。

 

通常Bでは第2クールで評価がほぼ固まり、第3クールで切られることはありません。第3クールに訪問していた人は、僕以外全員実質内定を伝えられていて、あとは僕をとるかとらないかという一点だったようです。

 

控室では他の志望者(内定済)に人事の対策を伝えられたり、一緒に志望動機を練るのを手伝ってくれたりと、もう同期になるような感じでした。

 

しかし、最後の最後で採用の実質決定者との面談で、落とされました。

 

B省は非常にやめないことを重視するため、志望動機を重視するようです。私がこれまでずっと目指していたA省からなぜB省に変えたのか。つまるところその理由、僕の行動原理に納得してもらえませんでした。

 

能力、人柄はもうしぶんないし業務への関心もあるから採用したい。ただ好奇心が広すぎるので、またほかのところへ行ってしまうのではないかという、リスク。そのリスクをとるのにふんぎれなかったそうです。

 

これまで説明会に足しげく参加していたり、第一クール1日目に訪問していたら採用していたらしいです。採用担当が上司を説得する材料になったのかもしれません。

 

たしかにやめられるリスクはあるが他の人が苦労するような壁を難なく乗り越えてくれるのではないかと言って、僕を採用するよう意見してくれた方もいたらしく、それは本当に嬉しいです。

 

自分が本当に異色なんだなあということを認識させられました。もっと内省して軸を作れと言われました。これから仕事探さないと。

官庁訪問のこと

1日目に来たら間違いなくトップ3の評価で採用したけど、説明会にも来てないし、2日目に来たから残りの数枠を争うことになると言われた。

 

説明会が採用に関係ないという嘘はつらい。

なんで外交

 

かっこいい

近代史っぽい

外国すんでみたい

ちょっとこわいけど

 

日本のために働きたい

 

国際政治が好き

 

ああ、これ医者と同じか。

 

なりたいのかなほんとに。

 

開き直って、今日は最高のパフォーマンスだすことだけを考えよう。

 

官庁訪問、第2クールへ

先週の水木金と官庁訪問の第1クールにいってきました。明日から月火水と第2クールに進みます。

 

第1クールを経て、志望度に変化がありました。絶対1日目の省!と思っていたのですが、2日目にまわった省がとても性に合っていました。第2クールで評価を固めて、内定したいです。

 

昨日今日は休養しました。昨日は昼まで寝てごろごろ。今日は半袖シャツを買い足したり、惣菜を買い込みました。

明日から官庁訪問

明日から、官庁訪問がはじまる。

面接カードは書けたけど、準備は十分じゃない。

 

明日が官庁訪問なんて非現実的な感すらある。気負っても空回りするだけなので、なるべくエンジョイしたい。

 

なかなか官僚と一日中話す経験なんてないし、沢山会話出来ればいい。

 

ところで、先日適当に受けた新聞社の筆記試験が通ってた。ただ面接が官庁訪問と被ってるから行けないなぁ。通ってて幸先が良いと思おう。

 

 

ADHDは大変

明日から官庁訪問という公務員試験の面接が始まります。

なんですが、まだその準備が終わってません。

ADHDで一番こまっているのが、この「先延ばし」です。

克服するのは大変です。

 

ところで国家公務員試験は、人事院という役所が行う試験があって、それに合格したら各省庁に面接にいけるという仕組みです。

 

運良く合格はしたものの、面接で採られなかったらどこにも働けません。

 

仕事をとってくるぞ!

 

 

打たれ強さ

中高を過ごした白陵から受けた、良い影響について考えたいです。

 

石原麗奈さんという白陵出身のジャズピアニストの方のブログhttps://www.google.co.jp/amp/gamp.ameblo.jp/reinamazing/entry-11512878499.html

を読んだことで、そう思えました。

 

また、同じ白陵出身でジャズの分野で活動されている方はまだ知らないので私一人の意見ですが、

音楽をやっていても、白陵を出た特有のうたれづよさみたいなものがあって

「あれ、まだ大丈夫だ」 と思うことはよくあります、

というかあまりそんな壁にまだぶち当たっていない気がします。

 

同級生や先輩方、後輩の方たちはたいてい

なんか、すごいでかい企業とかお医者さんとか弁護士などとして働かれていて

仕事量やなんかに日常的にもみくちゃにされながら各分野で活躍されていると思いますが

白陵で 柔道や机椅子やチコ電 などで鞭打たれたからけっこう外でやっていけているとんじゃないか

ということを同級生の友達とごはんを食べたりする時に言ってたりします。

…私は女子で高校の3年間ですが、旧校の男子の方々は

打たれ強さをこえた、ドMさ を持っているのではないでしょうか。

 

チコ電、なつかしい。たしか朝8時20分からの10分が読書の時間でした。8:20に間に合わなければ遅刻となります。

 

そして最寄の曽根駅から学校までダッシュしなければ、遅刻となる電車の便をチコ電と呼んでました。

 

打たれ強さ、僕にもある気がします。

高校卒業後、一年浪人、大学5年、再入学して一年目です。東京生活ももう6年目です。その間僕は運動もろくにせず、ひ弱になってしまった気がします。

 

でも僕も白陵で打たれ強さを培ったはずです。今までは考えることを避けてきましたが、白陵で得たものはあります。

 

僕は柔道部に中1で入り、高1の前半で辞めました。そのあと高2から高3と陸上部に入りました。振り返れば運動してきてますね。

 

昨日友人に、僕が柔道をやっていたと言いました。僕は細身なのですが、首がしっかりしてるからという理由で納得されました。やっていたスポーツが体型や歩き方にも影響がでるようで、分かる人には分かるらしい。

 

部活では、打たれ強さや根性を身につけました。ただ最近それらを見失っているので、発掘したい。自分の中に、今もあるはずです。