奈良、大神神社

初めて大神神社(おおみわ じんじゃ)にお参りした。

 

大神神社最寄りの三輪駅は、奈良駅からJR桜井線で8駅南へ下ったところにある。

 

街を後にし、車窓はどんどん神さびた気色を増していく。ビルやマンションなど一つもなく、歴史を感じさせる土蔵がそこここに見える。

 

大和三山へと連なる山々は、ますます迫力を増していく。その先に日本最古と言われる大神神社御神体三輪山が鎮まる。

 

文明を、古代の力が圧倒しているように感じた。

 

このあたりは山がちだから晴天は少ないのだろうか、立ち込める雲は神威を感じさせる。

 

桜井線では乗降客が少ないこともあり、乗り降りできる車両は先頭車両に限られている。

 

それに気がつかなかった乗客が発車間際に出られる車両へ駆けていっていた。

 

駅を降りた街並みは、私の知っている東京や大阪や神戸などと同じ日本とは思えないような雰囲気だった。

 

時が完全に昭和のまま止まっている。NHK Worldで外国人レポーターが歩いていそうだなと思った。

 

参道を歩んでいくと、大神神社の社殿が見えてきた。その背後には、御神体三輪山

 

私がこれまでに参った神社の数々に比べても、圧倒される威厳があった。出雲大社もこのような古代の空気を纏っているのだろうかと考える。

 

大神神社の祭神は、大物主神(おおものぬしのかみ)。

 

大物主は、出雲大社の祭神として有名な大国主(オオクニヌシ)の、幸魂・奇魂(さきたま・くにたま)とされる神たが、まぁ、分身のようなものだ。

 

出雲の神である大国主は、天界から派遣されてきた少彦名(すくなびこな)をブレーンに、国土建設していた。

 

少彦名は体こそ小さいが、知恵者であり医薬の神としてもよく祀られている。

 

ある時大国主が、この少彦名に「お前はちっちゃいなぁ」言ってしまった。

 

気にしていたのか拗ねてしまった少彦名は、死後永遠の世界である常世(とこよ)に帰ってしまった。

 

1人では国づくりをできない大国主は困ってしまった。「これからどうやって国づくりしよう…」と嘆いていると、大国主の前に出現したのが大物主だ。

 

大物主は大国主の分身的なやつでは?そう、大国主の前に自らの分身が現れるのだ。「自分を大和の東の山に祀ってくれれば、国づくりに協力してやるぞ」というのである。自分に。

 

古代神話は超理論だから深く考えない方がいいです。そうして大物主を祀ったのが大神神社のはじまりだ。

 

 

 

ところで、酒屋さんの軒先に杉玉が吊るされているのを見たことがあるだろうか。

 

大神神社に祀られる大物主は、酒造の神でもある。そして杉玉は、三輪山に生える杉にちなんで、杉を玉にしてつるしたものだ。

 

茶色の枯れた杉玉から、青々とした新しい杉玉に吊るし変えられると、その年の新酒ができたという意味である。今回、昇殿参拝して三輪さまにご挨拶にできた。

 

また、お寺の写経のように大祓という祝詞を書き写す「写典」をした。時間が無く大祓全文を書く時間がなかったので、持ち帰って書き上げ、後日郵送するつもりだ。

 

おみくじを引くと、大吉だった。

また参ろう。

蔦屋書店のブックイベント

梅田の蔦屋書店で

北上次郎 × 杉江由次 2018年のエンタメおすすめ本 今年読んで面白かった本をどどーんと紹介」という対談イベントに参加してきた。

 

と言っても私は大して読書家でもなく、北上次郎さんのお名前も知らなかったのだが、お世話になっている方にお誘いいただいたので、参加することができた。

 

北上次郎さんは『本の雑誌』の創刊メンバーで、書評家として有名な方だ。

 

私も『本の雑誌』という名前は知っている。パラパラと立ち読みしたことも、あるような気がする。北上さんはざっくばらんな語り口だった。


対談相手の杉江由次さんは、この『本の雑誌』ただ一人の営業マンで、「炎の営業」という異名で有名だ。

 

どんなオラオラした人なのだろうと勝手に想像していたのだが、落ち着いた物腰の柔らかい方だった。本に対する熱意は炎の如しなのだろう。

 

対談のテーマは、今年に出た面白い小説だった。

 

北上さんは専ら自宅で小説を読み、書評の原稿を書く毎日らしい。

 

以前は電車中で本を読んでいたそうだが、その取り組みがすごい。もし電車の中で新しい小説を読み始めて、つまらない作品だったらそれから暇になってしまう。だから前日に2冊ほど面白そうな本にあたりをつけ、20ページほど予習をしておくそうだ。

 

年間数百冊以上読み破る2人の対談を聞いて、「小説って面白いんだなあ、もっと読みたいなあ」と思った。

 

2人の話を聞いて、これは読もうと思った本は、高橋克彦の『炎立つ』・『火怨』・『天を衝く』の三部作だ。

 

実はこれは今年の作品ではなくて、今村翔吾の『童の神』という本の話をしているときに、似たテーマの作品として紹介されていたものだ。


この三部作は、岩手県出身の作者が東北を舞台にした歴史物だ。アテルイ坂上田村麻呂の戦いや、前九年・後三年の戦い、奥州藤原氏、戦国時代を描いている。


北上さんが『炎立つ』を読んだきっかけが面白い。

 

炎の営業杉江さんが飲み屋でおっさんに話しかけられた。このおっさんは杉江さんに「北上さんに薦めといて!」と、なんと2時間も『炎立つ』シリーズの面白さについて語りまくったそうだ。

 

杉江さんがこれを伝えたところ、北上さんは「いやいや2時間はありえないでしょ」と言いつつ、そこまで言うならとたまたま本の雑誌社に置いてあった『炎立つ』を読み始めた。

 

そうして飲み屋の出会いから読み始めたのだが、「これはすごい!!」と三部作を読みきったそうだ。

 

テーマも興味があるし、読むと元気が湧いてくるそうなので読んでみたい。

 

また東北の歴史を蝦夷視点で描いた作品と聞いて、有名な偽書である『東日流外三郡誌』に影響を受けているのではないかと思った。

 

「つがる そと さんぐんし」と読む。

 

少し調べてみると、予想は当たっていたようだ。

 

天津神を主役とした記紀神話のアナザーストーリーとして、1970年代に「発見」されたものだが、一時期はかなり真剣に考察された。


発見者の和田喜八郎曰く、「家を改築中に天井裏から落ちてきた」ものだ。ウケる。

 

偽書との評価断定された今でも、関心を持つ人は多い。まつろわぬ民として虐げられてきた東北の視点で描く物語は、なんにせよワクワクするものがある。

 

誇り高き敗者の物語があってほしいという思いが、東日流外三郡誌の居場所を作り出すのだろう。

 

やや離れるが、ネイティブ・アメリカンや、アルジェリアなどの植民地を想起した。

 

文化人類学構造主義といった、勝者によって編まれた歴史の絶対性への疑問。

 

そうした世界的思潮の中で東日流外三郡史も捏造されたのだろう。1970年代という時代も納得だ。

 

 

東日流外三郡誌は、安倍晋三首相とも関係がある。

 

安倍晋三の父で政治家の安倍晋太郎が、先祖のルーツを調べたことがある。

 

信憑性はさておき、安倍家は安倍貞任で有名な奥州安倍氏がルーツだとしている。

 

晋太郎が家政婦に安倍家のルーツを調査させたところ、先祖安倍貞任が祀られる神社として青森県にある石搭山 荒覇吐神社(せきとうざん あらはばき じんじゃ)がつきとめられた。

 

安倍晋太郎は、首相を目指し自民党総裁選に出馬した際、晋三含め家族で同社に参った。

 

しかし実はこの石搭山荒覇吐神社、東日流外三郡誌の発見/制作者の和田喜八郎が1980年に創建した神社であった。

 

また社宝の安倍頼時の骨とされるものも、クジラの骨と鑑定されてしまった。

 

この安倍頼時は、前九年の役蝦夷を率いて源頼義と戦った武将で、奥州藤原氏の初代藤原清衡の祖父でもある。

 

かなり脱線してしまったが、有名な偽書安倍晋三首相とも絡みのある『炎立つ』、俄然読みたい。

 

そのほか、対談で薦められていた小野寺文宣の『夜の側に立つ』を買った。

 

高3でのバンド、その後のそれぞれの人生を描いた小説。

 

私も中高でバンドを組んでいたので興味を持った。

 

それから、イベントに来ていた翻訳者の吉澤康子さんが訳した『コードネーム・ヴェリティ』も買った。

 

第二次大戦下、ナチスドイツに捕まったイギリスの若き女スパイを描いた作品だ。

 

積ん読が増えてしまった。

グッゲンハイム邸のこと

私の住んでいる塩屋という町に、グッゲンハイム邸という洋館がある。

 

今から100年ほど前からそこに建つグッゲンハイム邸(通称、グ邸)は10年ちょっと前、解体の危機にあった。

 

それを塩屋出身のステンドグラス作家が保存のために買い取った。今では音楽イベントのイベントスペースとして活用されている。

 

その試みが始まった当時、私は中学生だった。

 

地元のミュージシャンや音大出のクラシック奏者、海外のニッチなミュージシャンなどが来ていたのだが、最近塩屋に戻ってみて驚いた。

 

今では関西では名の知れたライブ会場になっているようで、私も名前を知っているビッグネームがライブを行うまでになっていたのだった。

 

たとえば、クラムボンのボーカルとして知られる原田郁子。元キリンジ堀込泰行大友良英ハナレグミYMO高橋幸宏tofubeatsu-zhaan七尾旅人、青葉市子、大森靖子、stuts、テニスコーツなどなど。

 

なんとなく方向性がわかる。空気間のあるアコースティック調の質系の音楽という感じ。私はこういう系が好きだから嬉しい。

 

もともとグ邸は建築そのものやロケーションも魅力的だ。しかし、どんどん有名になっていく今のグ邸の地位は、グ邸の管理人である森本アリさんのこつこつとした活動の積み重ねの結果だと思う。森本アリさんは、グ邸を買い取ったステンドグラス作家の息子さんだ。

 

先日神戸の元町・三ノ宮界隈のレコードショップを巡ると、どこにでもグ邸のイベントカレンダーを置いてあって驚いた。

 

 

 

このグッゲンハイム邸という洋館は、今から100年ほど前に貿易商のグッゲンハイム氏がこの塩屋の地に立てたものだ。

 

その後は竹内油業という神戸の会社が買い取り社員寮として使っていたこともあるそうだが、近年は荒れるがままになっていたのだった。

 

塩屋の海辺にはにはかつて異人館が並び経っていたのだが、戦災、線路拡張、震災、世代交代による売却などで次々と無くなってしまい、残るのは数軒のみだ。


年前にはジョネス邸という和洋折衷の面白い洋館が残っていた。

 

持ち主だったジョネス家から、最高裁判事を務めた裁判官が買い受け、さらに線路拡張を避けるためわざわざ移築して保存していた。

 

しかしその後、判事の相続人からデベロッパーが買い取りマンションとなってしまった。当時私も慣れ親しんだ洋館が壊されるのを見て、悲しかった。

 

ただ一概にデベロッパーに売るのが悪いというわけではない。築100年に迫る洋館を維持する管理費は大変なものだろうし、税金も安くない。また自分の子供に相続する際には相続税も随分かかるのだろう。

 

自分が近くに生まれ育ったのでなかったら、そこまで思い入れもないだろうし、まとまったお金にかえてすっきりしたいと考えるのは当然だと思う。神戸市か兵庫県に買い取って保存するだけの予算があればと思った。

 

このジョネス邸についても、グ邸管理人の森本アリさんが中心となって保存活動が行われていたが、デベロッパー側との交渉は実らなかった。

中国人と将棋会館に

知人の中国人留学生が、千駄ヶ谷のの将棋会館に行きたいらしい。付き添いを頼まれたので、行ってきます。将棋分からないんだけど、まあいいかな。

 

彼は中国東北地方の瀋陽出身で今東大の院で政治学を勉強しているらしい。

中国と日本のどちらで研究者になるか考え中だそう。待遇は中国の方がかなりいいらしいけど、研究分野が分野だけに自由な研究ができるかどうかもあるので。

 

f:id:koyu42:20180130135050j:image

 

千駄ヶ谷将棋会館に来ました。

一階がお土産品フロアです。彼に話を聴くと、将棋好きでアマチュアで相当な腕前の友達に、誕生日プレゼントを買いに来たらしい。本人は将棋できないとか笑

 

何を買ったらいいか迷っていたので、羽生善治の「知」という字が焼き付けられた湯のみを勧めておきました。800円くらい。

 

扇子と湯のみで迷いました。

扇子は有名棋士の書が印刷されたもので、2000円くらい。

 

プレゼント相手の好みの棋士は分かりません。扇子は対局中に扇ぐことを考えると、好きでもない棋士の扇子は雑念が入るので良くないと思いました。

 

なので、家で普段使いできる湯のみの方が失敗がないかなと思いました。湯のみにも3種類ほどあって、その中でも羽生善治のものを選びました。

 

将棋指す人で、羽生さんを嫌いな人っていないと思うので。

 

彼には選ぶの手伝ってくれてとっても感謝されました。嬉しいです。

 

 

将棋会館の目の前に、鳩森八幡神社という神社があります。けっこう有名な神社なのですが、富士塚というので有名です。

 

富士塚というのは、ミニチュアの富士山です。江戸時代、富士山への信仰が流行した時に、なかなか富士山までは行けない。そこで富士山の岩を据え付けた小高い塚を作り、そこを登れば富士登山と同じご利益があるということになったのです。

 

かなり前から行ってみたかったので、鳩森八幡神社富士塚に登れてよかったです。

 

ところで、この時ぼくは神社や富士塚でも柏手を打ってお参りしたかったのですが、しませんでした。中国人の友人と来ていたからです。

 

神社にお参りすることはあまりしたくないと内心思っている中国人もいます。彼は長いこと日本で暮らしていて、とても親日なので大丈夫だとは思いますけど。

 

追記

湯のみをプレゼントした相手が羽生さんのファンらしく、僕が勧めた湯のみがドンピシャだったみたいです。めっちゃありがたがられました。ぼくは今中国語を勉強してるので、お返しに中国語なんでも教えてくれるとか。やったね。

 

 

 

ギターを手に入れよう!

こんにちはー

最近家にいるときはずっとアコギを弾いてます。自分が思ってた以上にギターが好きみたいです。

 

今弾いているギターは実は去年の秋頃から知人に借りているもので、返すことになりました!今まで貸してくれて本当に感謝です。

 

今借りているのはヤマハのFS-720Sというアコギです。小ぶりなボディなのもあり、とても弾きやすいです。このギターのおかげで、自分がエレキギターよりもアコギの方が向いていることがわかりました!

 

さて、いまのギターを返すことになったので、新しいギターをゲットしようと思います。そして次のギターは、弦がナイロンのギターを考えていす。

 

弦が鉄の、いわゆる普通のアコギ(フォークギターといいます)ではなくて、弦がナイロンの弦のギターです。

 

ナイロン弦のギターは、クラシックやフラメンコ、ボサノバなんかに主に使われます。昔は弦がナイロンではなくて、動物の腸(ガット)で出来ていたので、ナイロン弦のギターをガットギターともいいます。

 

自分のキャラクターや音楽の方向性を考えた時に、普通のアコギをピックでジャキジャキと弾くよりも、ナイロン弦のギターをポロンポロン爪弾く方が性に合っていると思ったのです。

 

 

 

2018/01/10

今日はいいことがありました〜!

 

昼前に起きて、16時の約束ギリギリまでずっと家でギターを弾いてました。

 

約束というのは、信濃町で友達と会う約束です。その友達は創価学会の会員なのです。僕は基本的に神道の人なのですが、彼とはとても話が合います。

 

信濃町という街は、創価学会の本部がある街です。一度見に来る?と誘われていたのです。もちろん、彼は僕の思想もよくわかっているので、勧誘というわけではありません。

 

以前から創価学会に興味がとてもあったので、有難いお誘いでした。信濃町のとある展示施設のようなところに行ったのですが、友人の先輩だという教団職員の方ともお話ができました。

 

シチュエーションだけみると、完全に勧誘のスタイルなのですが、そうではないです笑

 

友人と三人でご飯をご馳走になり、宗教対話や仏教について熱く語り合いました。話自体も楽しかったですし、友人も職員の方も、僕のような外部の見方がとても新鮮だと喜んでくれ、嬉しかったです。食後に書店で創価学会の本を僕にプレゼントしてくれました。嬉しいです。

 

今日は、もう一つ嬉しいことがありました。年末に応募していた外資消費財メーカーのESが通り、面接に進んだのです!うれしい。結構行きたい会社なので、内定目指してがんばります!

 

 

次は二次先行!

昨年末に応募した商社のインターンの一次選考に通ってました!頑張って動画を撮った甲斐がありました。次はグループディスカッションがあるので、練習します!

 

いま神戸から東京に戻る途中です。日差しが強い。

f:id:koyu42:20180106095524j:image